三角畳店 Google+

畳替えの種類

いざ、畳替えをしようと思って畳屋さんに電話をすると、「表替えですか?」とか聞かれます。

「オモテガエってなに?」

一口に畳替えといっても、主に3つの方法があります。






●● 「表替え」 ●●



今、敷かれている畳についている「ゴザ」のみを新品に交換する方法です。
通常、「畳替え」というとこの表替えをされるお客様が最も多いです。

前回の畳替えが「裏返し」だった場合は4・5年後、「新調」または「表替え」だった場合は5~10年後に行ないます。



●● 「新畳」 ●●



読んで字の如く、畳本体全部を新品と取り替える方法です。
「新調」をする時期は、畳床(土台)の傷み具合(凸凹やすき間など)によって変わってきます。



●● 「裏返し」 ●●



今、敷かれている畳についている「ゴザ」を裏返して使う方法です。
通常、前回の「表替え」または「新畳」から5・6年後に行ないます。

※シミや傷などがひどいと、裏返しが出来ない事もあります。特に「居間」などひんぱんに使用する部屋の場合は注意が必要です。



※ 畳替えは5~10年に一度が最適

上の説明にも書きましたが、「裏返し」「表替え」「新畳」にはそれぞれ適切な周期があります。

「新畳」の場合は床の傷み具合が目安になるため、使い方や手入れの仕方・敷かれている状況などによって周期も大きく異なってきますが、 いつも直に接している畳表はやはり一定の周期ごとに取り替えた方が良いでしょう。

また、畳替えを定期的に行なうことは、同時に「大掃除」を定期的に行なうことにもなります。
畳替えをする場合は必然的に部屋の家具全てを移動することになるため、普段の掃除ではなかなか手のとどかない所でも残さずきれいにできるというわけです。



三角畳店

「畳替えたの、いつですか?」畳替えは5~10年に一度が最適です。

畳替えには、八代で育った良質ない草使用の国産畳表をお勧めします。