●畳

 畳のはなし
 ├畳を敷こう
 ├畳のつくり
 ├畳のメンテナンス
 └カビ・ダニ対策

 畳をかえる
 ├畳替えの種類
 ├畳替えの1日
 ├畳価格(一般畳)
 ├畳価格(縁無し畳)
 └ご注文方法


●襖・障子
 ├襖・障子の価格


●ご案内
 ├当店概要
 └リンク


お問い合わせ

畳替えの「一日」

実際に「畳替え」はどのようにして行なうのか、その流れを簡単に見てみましょう。


※ 表替えの場合

表替えの場合は、たいてい上の作業を1日で完了させることができます。朝から「引き取り」をして、夕方頃に「敷き込み」という形になります。
 ● 引き取り
あらかじめお客様と取り決めた日時に、畳を引き取りに伺います。
引き取りの際のタンスなどの家具の移動はこちらで行ないます。畳の隙間や家具の跡のへこみなどもこの時にチェックしておきます。
また、畳表・縁の見本を持参しますので、指定していただきます。
 ● 作業
 引き取った畳をお店に持ち帰り、張り替え作業を行ないます。

引き取り時に見ておいた隙間やへこみを直し畳表と縁を新しいものに取り替えます。

この時に、畳表についている染土(い草を染める時に使う土)の拭き取りも行ないます。


 ● 敷き込み
 きれいになった畳を元通りに敷き込みます。
家具の位置直しや、畳の高さの微調整を行ない完了となります。



畳替え完了!

※ 「表替え」と「裏返し」の場合は、たいてい上の作業を1日で完了させることができます。
  朝から「引き取り」をして、夕方頃に「敷き込み」という形になります。




※ 裏返しの場合
裏返しの場合は、上で説明したのとほぼ同じ流れで行ないます。畳表に関しては、その畳についているものを裏返して使います
ので、新品と取り替えるのは縁のみとなります。


※ 新畳の場合
新畳の場合は、まずお部屋の採寸を行なう必要があります。
指定していただいた日時に採寸をして、この時に畳表と縁の指定をして
いただきます。その後、お店で新しい畳を作り、完成後に現在敷かれて
いる古い畳と交換する形で敷き込みを行ないます。


 Copyright(C) 三角畳店 All Rights Reserved.